テクノロジーの積極的な活用で利用者やフランチャイズ店をサポート

テクノロジーの積極的な活用で利用者やフランチャイズ店をサポート

テクノロジー分野を積極的に採り入れる大村浩次とAPAMAN株式会社ですが、AR-Techを活用したサービスも提供しています。大村浩次の経歴の中には、設立当初からITに注目していることが分かる内容も多く見受けられるようです。
APAMAN株式会社がテクノロジー分野であるAR-Techをどのように活用しているのかチェックしてみましょう。

 

CLOUD技術を活用したサポート

 

アパマンショップに来店した顧客の要望を聞くことは重要な業務でしょう。ただ、要望を聞いたとしても、スタッフが忘れてしまう、顧客の思い違いなど多くのケアレスミスが生じる可能性があります。

 

アパマンショップでは解決のため、来店した顧客の要望を聞き出す来店-CLOUDなどを提供し、フランチャイズ店のサポートを行っているのが特徴といえます。要望についてデータ化されることで、顧客との意思疎通もスムーズとなったようです。

 

他にも不動産賃貸仲介業者にとって、家賃の設定はむずかしいそうです。周辺の家賃をチェックするだけではなく、築年数や交通利便性も踏まえて最適な価格を導き出さなければなりません。アパマンショップでは膨大なビッグデータを基にした査定-CLOUDを提供し、フランチャイズ店の生産性や収益アップをサポートしているようです。

 

生活施設名検索機能をリリース

 

アパマンショップでは2017年に生活施設名検索機能をリリースしています。フランチャイズ店だけではなく、部屋を探している顧客にとっても便利なサービスとなっているのがポイントのようです。

 

顧客が住居に求める条件は、個々人によって大きく異なります。駅から近いという交通利便性を求める方もいれば、大きな商業施設、コンビニや保育園や小学校に近い物件が条件という方も少なくありません。

 

生活施設名検索機能は、アパマンショップのホームページで利用できます。環境と施設に着目し、検索をすると施設名の情報をひと目でチェック可能なようです。施設をクリックすれば周辺の物件情報が出てきます。特定の施設の近くで物件探しをしている方にとって非常に便利な機能となっているようです。

 

近未来の生活を感じさせるAIスマートルーム

 

アパマンショップはAIスマートルームという賃貸物件を提供しています。他の賃貸物件と大きく異なる特徴は、AIテクノロジーを活用している点でしょう。スマートスピーカー「Amazon-Echo-Spot」やスマートリモコン「eRemote-mini」が設置された部屋に入居できるそうです。

 

また、スマートスピーカーとスマートリモコンは連携しており、設定すれば呼びかけひとつで、エアコンや照明、テレビのような家電をコントロールできるそうです。入居者の生活をより楽しく・快適にしていくことを目的としたサービスでしょう。

 

Amazon-Echo-Spotは多彩なスキルによってさまざまな機能を拡張して使えるようになります。入居者だけではなく、賃貸物件のオーナーも入居者を得るチャンスが広がるといえるでしょう。

 

テクノロジーを活かした物件を提供

 

APAMAN株式会社と大村浩次はテクノロジーを活かした魅力的なサービスを次々に産み出し、関連するビジネスにも取り組んでいます。今後も、大村浩次とAPAMAN株式会社により、テクノロジーを活かし、既存にはないアイディアによるサービスの提供が期待できるでしょう。