ロボットによる業務の自動化を実現する事業とは?人間の負担を軽減

ロボットによる業務の自動化を実現する事業とは?人間の負担を軽減

大村浩次はAIなどに注目していますが、その一つにロボットが含まれているのは無視できないでしょう。ロボットによる業務の自動化実現を掲げていますが、実際のところ、具体的にどのような事業か分からない部分も多くあります。大村浩次が事業として重要視しているロボット事業とはなにか解説しましょう。

 

人間の代わりに業務を処理するロボットにより業務の負担を軽減

 

ロボットによる業務の自動化について、APAMAN株式会社は取り組んでいるそうです。製造業などではすでにロボットが活用されていますが、不動産仲介業界で利用できる点はどこかなかなか分かりづらいかもしれません。

 

APAMAN株式会社のグループ会社である株式会社DigiITでは、RPA(Robotic-Process-Automation)として、従来ホワイトカラーが行っていた業務の効率化と自動化を開発しているようです。

 

認知技術のルールエンジン、機械学習、人工知能などを活用し、従来人間が行っていた業務をロボットがするというものです。ロボットが導入されることで人間のしなければならなかった業務が減少するだけではなく、長時間稼働し、ミスの減少も期待できるそうです。

 

デジタルレイバーが人間の業務を効率化させます

 

RPAは、別名デジタルレイバーとも呼ばれています。デジタルレイバーとは、仮想知的労働者という意味です。人間が業務を行った場合、ミスや疲労による処理速度が遅くなるなどの問題が生じるのは無視できないでしょう。ロボットは人間による業務で不足する部分を補完するものとして注目されています。

 

PRAやデジタルレイバーの仕組みは簡単です。処理手順を登録しておけば、そのとおりにさまざまな業務を代わりに行います。具体的には、メールやファイルなどの読み込みをはじめ、複数のアプリケーションを操作、入力する、サイトからデータを検索するなど、複雑な作業を任せることも可能なようです。

 

従来このような業務は人間がやっていた分野ですが、ロボットは人間とは異なり休むことなく処理を続けます。

 

ルーチンワークによる負担の軽減が期待できます

 

人間が行う仕事をロボットは奪ってしまうと懸念する意見も、世の中にはあります。ただ、ロボットが行う業務のほとんどは、大きな業務ではなく小さな業務でしかありません。

 

メールの処理やWEB検索などに割かれる時間は決して短くないという現実があるでしょう。ロボットが代わりに行えば、人間は時間を有効的に使えるようになるでしょう。代わりに人間はロボットには困難な、創造的業務に集中できるのです。

 

また、人手不足による利益の機会が損失するのを防ぎ、ケアレスミスによる大きな損害の予防にもつながります。また、業務の質の向上などよい影響がたくさんあるようです。

 

アパマンショップでロボットが導入されればこまかな業務に取られていた時間を有効活用でき、例えば、営業活動や店頭での対応、案内ができると期待されているようです。

 

IT分野と不動産の融合により業務の効率化を図っています

 

アパマンショップで生まれる細かな業務をロボットがカバーするという考えは、IT分野に注目してきた大村浩次の考え方を反映するものといえるでしょう。

 

大村浩次が描く近未来のアパマンショップのあり方は、ロボットやITなどテクノロジーを色濃く反映したものになると考えられているようです。